お歳暮 蟹 失敗

函館や稚内、根室などで水揚げされた新鮮なカニのお歳暮

-->

2011年からタラバガニ漁は例年の半分以下と漁獲量が減り、2014年12月からはロシアからの輸入が激減。日本とロシア両国政府がオホーツク海のロシア側海域でのカニの密漁と密輸の規制強化に向けた2国間協定が発動し、タラバガニを積んだロシア船がほとんど入港していません。
もともと中国に蟹を奪われて品薄となり水揚げ価格が高騰していたのに、2015年の年末からは蟹専門の卸問屋さんでもタラバガニの確保が難しくなってくるようです。
特に贈答用のタラバガニを注文される場合は、年末の需要が多い時期に完売してしまう前に、なるべく早めに注文されるよう販売店からも案内が来ています。

 

ボイル本タラバガニ姿(2.0〜2.3kg)

太い脚に身がびっしりと詰まっていて最盛期に捕れたタラバの堅蟹だけをボイル後に急速凍結いています。重さは冷凍した状態での重量で身の弾力も格段に違います。そのまま丸ごとかじりついたり、鍋や焼タラバ、雑炊にもいろいろと楽しめます。

三大蟹セット 合計1.6kg

ボイルしたタラバ蟹・ズワイ蟹・毛蟹をセットにした人気商品です。ずっしりと足の先まで詰まった800gクラスのタラバ蟹はプリプリした食べ応えと甘くてジュワーっとした蟹汁たっぷり。500gクラスのズワイ蟹も堪らない甘さとジューシーさで蟹味噌も最高。

浜ゆでタラバガニ姿 訳ナシ(1.2〜3キロ各サイズ有)

蟹の王様「たらば蟹」の贈答にも大人気の「本たらば蟹姿」です。今年は昨年の半分以下の水揚げの中、他店では特に身の入りがスカスカや二枚皮が多いのですが、当店の「本たらば蟹」は、稚内や函館で選別をきちんとしてから加工しています。

タラバガニ脚 2kg(送料無料)

ジャパンフードセレクション金賞受賞のタラバガニ脚です。ヨネスケが実際に食べて納得したぎっしり詰まった身の美味しさは格別。氷で重さをごまかすかさ増しは一切ナシ、羅臼の加工場から直送のぷりぷりの食感と大満足のボリュームを存分に楽しめます。

特大浜ゆで毛がに 1.0kg (800〜1.2kg 各サイズ有)

身入りのよい毛蟹を選ぶなら1キロくらいは欲しいところです。大きいサイズの毛蟹は土産店などでは手に入らないので、届いた毛蟹の大きさと重さは驚くほど。もちろん蟹ミソもたっぷり濃厚です。毛蟹は全て稚内港水揚げの新鮮な堅蟹だけを浜茹でしています。

テレビやネットのカニ通販の紹介で、「ワケあり」「訳あり」「激安」などの売り文句を見たり聞きますが、こういった蟹は味や品質に問題のある蟹や、脚が折れていたり傷がついている蟹を出している場合が多いと言うことです。
「激安」「訳あり」の蟹を買った方がよく「蟹の通販で失敗した」と、ネットに書き込んだりしている場合は、味や品質に問題のある加工用に回される蟹を買わされているようです。
このサイトで紹介している蟹の通販「かにまみれ」「浜海道」「北国からの贈り物」「かに親分」で蟹を注文した方は、今までに購入した蟹と身の入りや旨さの違いに驚かれるようです。両店とも新鮮で良質な美味しい「堅かに」だけを厳選して販売しているので、お歳暮用の蟹も安心して注文ができます。

最高品質へのこだわり、新鮮で美味しい極太の本タラバガニ

お歳暮で贈ったタラバガニが、2〜3年前の冷凍された蟹や身の入りの悪い蟹では納得できませんよね。
「かにまみれ」は他の訳ありカニ通販のお店と比べると割高に感じるかもしれませんが、本物の北海道の味に拘った海産物だけを扱っています。
特にお歳暮としてお届けする本タラバガニには最高の品質へのこだわりがあります。

「かにまみれ」は、訳ありの激安タラバガニは一切取扱っていません
自宅用として蟹を通販で購入したけれども、美味しくなかったとか、身が少なく思っていたものと違っていたなどの失敗した話を耳にすることがあります。
もしお歳暮やギフトでそのような粗悪な蟹を発送されても、実際に届けられたタラバガニを自分の目で確認できないので、販売店選びが重要になります。
タラバガニは元々高級品です。良いものはやはりそれ相応の価値があるのです。
商品の違いは食べてみれば一目瞭然。「かにまみれ」は、カニ通販に対する厳しい目と厳しい舌を満足させる数少ない北海道の「全品訳なし専門」店です。

タラバ蟹のお歳暮 北海道から新鮮な蟹を直送メニュー