タラバ蟹 お歳暮

お歳暮だからこそ選びたい極上のタラバガニ

自家用ならまだ諦めがつきますが、お歳暮で贈ったタラバ蟹が美味しくない蟹だったら・・・
「浜海道」は函館のホテルや旅館、割烹・高級料理店、寿司屋や居酒屋への卸売りをはじめ、一般客への小売りも行っている株式会社アサヒ食販が運営しています。
お歳暮としてお届けするタラバガニは目利きの板前さんやシェフが納得する極上の蟹と同じく選び抜いた本物です。

「浜海道」のタラバは、身の詰まり方、身の弾力がちがいます
1尾ずつ選別されたカニは、経験を積んだプロが専用の大釜で素早くボイルされ、絶妙の塩加減でゆで上げています。 ボイル後には身入りの再確認をしています。選び抜かれたタラバガニだけを、鮮度が落ちないうちに瞬間冷凍することで蟹のうま味をギュッと閉じ込めました。
大切な方の食卓に並ぶ商品だから、「また頼みたい!」と喜ばれるように極上のタラバガニだけを直送しています。

贈り物へのこだわり、熟練の目利きが納得した絶品タラバガニ

お歳暮やギフトで贈るタラバガニが、2〜3年前の冷凍された蟹や身の入りの悪い蟹では納得できませんよね。
「かにまみれ」は他の訳ありカニ通販のお店と比べると割高に思われるかもしれませんが、本物の北海道の味に拘った海産物だけを扱っています。
特にお歳暮としてお届けするタラバガニには細心の注意が必要です。

「かにまみれ」は、訳ありの激安タラバガニは一切取扱っていません
自宅用として蟹を通販で購入したけれども、美味しくなかったとか、身が少なく思っていたものと違っていたなどの失敗した話を耳にすることがあります。
もしお歳暮やギフトでそのような粗悪な蟹を発送されても、実際に届けられたタラバガニを自分の目で確認できないので、販売店選びが重要になります。
タラバガニは元々高級品です。良いものはやはりそれ相応の価値があるのです。
商品の違いは食べていただければ一目瞭然。「かにまみれ」は、カニ通販に対する厳しい目と厳しい舌を満足させる数少ない北海道の「全品訳なし専門」店です。

熟練蟹職人が茹でる最高級のタラバ蟹を羅臼より直送

「ヨネスケ印のかに親分」のタラバガニ肩脚が2014年ジャパンフードセレクション金賞を受賞
かに親分は北海道羅臼に直営の工場を設置する水産加工会社で、タラバガニを直接買い付けでロシアから仕入れることが出来る一次販売業者のお店です。
単に海水で釜茹でにするのでなく、羅臼昆布と羅臼海洋深層水で美味しさを引き出しています。

水揚げしたタラバガニはミネラル分が豊富な羅臼海洋深層水のいけすの中でさらに美味しくなります。そして目利きの職人が1尾づつ選別し釜茹でしたあと、一度だけしか冷凍しないように管理します。
その後、北海道の寿司屋や料亭などに蟹を卸しているように、直接加工工場から食卓へ発送するので、解凍と冷凍を繰り返して蟹の味が落ちてしまうこともありません。
だから、かに親分はおいしくなかったら返金します。

タラバガニでも美味しい「堅がに」だけを扱っています

タラバガニの寿命は約30年と言われています。
カニは一生の中で何回も脱皮を繰り返して大きくなりますが、脱皮間もないカニは殻が柔らかくブカブカで身もスカスカです。
脱皮には多くのエネルギーを費やすため、大きく成長したカニでも脱皮後は同じです。
このようなカニは「若がに(脱皮がに・二重がに)」と呼ばれて市場では大きくても安価で取引されます。
「若がに」はまだ成長途中で身も味噌の部分もあまり入っていないので美味しくありません。

カニの殻を指で押してみると柔らかいか堅いかすぐわかりますが、 脱皮から時間が経って
殻が堅く身が詰まったズッシリ重いカニは「堅がに」と呼ばれ、とても美味しいカニです。

カニはこの「若がに」と「堅がに」を繰り返しています。
大きくなりすぎたカニも大味になるのでちょうど中間くらいのカニ、人間で言えば青年から中年くらいのカニが一番美味しいです。
甲羅にフジツボやカニビルの卵が付着しているカニも「堅がに」とみて間違いありません。
なぜならそれらは堅いモノに付着する生物であり、脱皮から時間が経ったという証拠でもあります。
見た目はともかく、付着物が多いカニの方が美味しいです。
「かにまみれ」「かに親分」「浜海道」は身詰まりの良い美味しい「堅がに」だけを厳選してお届けしています。

タラバ蟹のお歳暮 北海道から新鮮な蟹を直送メニュー